Healthy Life

涙袋をコスメティックスのアイライナーで作る

今とても流行しているメイクとして、涙袋を作って目を大きく見せる方法があります。

そもそも涙袋とは、目の下まぶたに沿ってある膨らんでいる部分のことです。
ここがぷっくりしていると瞳が大きく見えて、女性らしさがアップし、
タレントやモデルさんたちのような顔になれるのです。

目元のメイク

雑誌やテレビでも紹介されていて、今や女子の間では定番のコスメティックスといえるでしょう。

この涙袋を、コスメティックスのアイライナーひとつで簡単に作ることができます。

カラーはホワイトや淡いピンクで、パールの入ったものを使用します。
ゴールドも、肌馴染みの良い色味だといえます。
ただし粒子の粗い、ギラギラ感が強く見えてしまうものは避けてください。

作業はたった一つです。
このコスメティックスのアイライナーを下まぶたにひと塗りするだけなんです。

仕上げに目頭と目じりは少しぼかすと、より自然な印象になります。
目の下にあるクマも目立たなくなり、立体感のある明るい瞳が作れます。

コスメティックスで、忙しい朝でも華やかなメイクとなります。

 

最近ではこういったメイクの技術も進んでいるようですが、
やはり地肌から美しくすることが何よりの近道でもあります。

そのため、メイク技術よりもまずは地肌から変えていきたいと思われている方にはipsコスメティックスのスキンケアラインやサプリメントを活用してみるのもお勧めです。

メイクにかけられる時間をスキンケアにかけたい、でもそこまでの時間と気力がないという悩みも、ipsコスメティックスの美容液を使えば、それ1本で基本的なケアは完了できます。

また、ipsコスメティックスの美容液には2タイプあり、日常のスキンケアにかける時間でプラスアルファのケアもできてしまうため、気持ち的な余裕もできてくるなど使ってみるメリットは大きいと言えるでしょう。

 

スキンケアコスメティックスの保存方法は正しく

スキンケアコスメティックスは正しく保存してください。
保存方法を間違えてしまいますと、スキンケアコスメティックスの内容が
変化してしまいますし、効果が得られなくなるばかりか、トラブルの要因になるのです。

 

基本的にどのコスメティックスにも共通して言えるのは冷暗所に保管することです。
直射日光が当たらない場所でできるだけ涼しい場所です。

直射日光も内容を変質させる要因になります。
日光の当たらない箱の中に入れておくことをおすすめします。
窓の近くには置かないようにしてください。

また、ふたなどはきっちりと閉めるようにしてください。
アルコールの入っているもので蓋を閉じ忘れてしまいますと、蒸発してしまいます。その他の物でも蓋をしなければほこりが入ったり水分が蒸発するので要注意です。

 

それから、防腐剤の入っていないコスメティックスなのですが、
これは必ず冷蔵庫の中に入れて保管するようにしてください。
一度蓋を開けてしまいますと、カビがはえる可能性があるからです。
正しく使って、憧れの肌質を実現していきましょう。

憧れの肌質

 

トップページ  天然由来が多く含まれるipsコスメティックス  IPSコスメティックスの成分  ノンシリコンipsコスメティックス  ヘアケアIPSコスメティックス商品  シャンプー選び  IPSコスメティックスの日焼け止め「P.P.6 IPS エッセンス UV」  ipsコスメティックス売上の仕組み  販売員への道  健康へと繋がるipsコスメティックス  コスメの悩み  IPSコスメティックスカウンセリング  ipsコスメティックスでヘルスサポート  効果的なスキンケアipsコスメ化粧品  ベースメイク  株式会社ipsコスメティックスの商品  続けやすいコスメ  コスメの保存方法  季節で変えたいコスメ  ご利用案内